某外資系証券会社との交渉成立

数年来つきあいがったが口座閉鎖することになった外資系証券会社と
株式移管についてトラブルがあったので交渉に入る。
微妙な問題も含んでいたし向こう側の体制変更や企業体質も考えて、
交渉は長引くかなと思ったら一日で解決してしまった。
(口座維持費1年無料というおまけつき)
感情にまかせて自分が正しいと思うことを振りかざすのではなく、
できるだけ根拠を具体的に、できるだけ穏やかに主張するのが一番ということか。
(今回は法的根拠と監督官庁への持ち越しという第2ステージの明確化)
・・・とか言いながら世界一の証券会社と第3ステージくらいまで
やり合いたかったと思う自分はちょっと気持ちが高ぶっていたかもしれない。
(裏切られたとまでは思わないけど言ってることとやってることが違うとちょっとねぇ)

2002 11/5
出来事メモ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です