エニックス内定者HP閉鎖

最後なのでこのようなものをアップする・・・
「さらば愛しきわくわく感よ」
らぶナベ@エニックス内定者辞退者
さあ、今日でこのHPも終わりです。
僕はエニックスの内定を辞退して春からは大学院に進むことになっています。
(モンゴルで羊飼いをするインターンシッププロジェクト立ち上げます)
今までこの掲示板にはエニックス内定者や志望者や社員の方からの
書き込みがありましたが最後なので内定を辞退した者の書き込みも
アップしてみます。
こういうことも前代未聞なんですが先駆的な試みのこのHPの最後らしく
これくらはやっておかないとね(^^)

さて、結論から言えばこんなわくわくぞくぞくするHPなんて
まず無かったです。(^o^)
いま、日本の就業というもの自体が大きく変わろうとしています。
そのあおりを末端である僕ら新卒就職活動者が受けているといった
ところです。数字的にも実質的にも今年も新卒就職活動は
かなり厳しいものになるでしょう、
僕が就職活動をもう一度することになる来年も確実に厳しいと思います。
その厳しい現実を前にして「萎縮」したり「嘆く」のではなく
その厳しい波を「楽しむ」ように立ち向かっていく
そういう人間たちが運営してそして集まってき人たちがいるHPだと思います。
氷河期になったからと言って嘆いているだけでは凍死するだけです、
嵐を見て悲観するだけでは嵐に壊されてしまうだけです。
その吹雪や嵐の中に何かを見いだして何かをやってみる、
それこそが「新しいことをする」覚悟だと思っています。

歩仁内さんも書かれていましたが当初内定者がこんなHPにすることに対して
内外から懸念を訴える声もありました。(今となってはありがたい助言です)
樋口@内定者などは常に矢面に立っていて「こいつなかなか根性あるな」
とみんなから思われたものです(涙声だったが(^^;)。
いまはもう笑い話なので書きますが、このHPへある種の圧力があった時に
樋口@内定者などは「事と次第によっては自分のキャリアを賭けてでも
このHPをやり抜いてやるぞ」と言い切っていました(涙目だったが(^^;)。
新しいことをするならばそれをやり抜くだけの覚悟がいります。
たぶんその人の能力とか才能とかコネとかはその後の問題であって
この腹のくくり方が結果としての「差」を創るものだと思います。

樋口@内定者も書いていましたが僕もこのことと就職活動も
同じだと思います。
初めて会う自分よりもずっと年上の人に自分のこと、
自分のやりたい事を限られた時間で率直に話す・・・
これは実はとても勇気のいることだと思います。
はっきりとしたことを言うというということは
聞く人の好き嫌いがハッキリと別れるということですから。
でも今までの人生で会った人すべてに好かれてきていて、
さらにこれからの人生でもすべての人に愛されていきたいという人で無い限り
抽象的な当たり障りのないことを言ってはたぶんアウトでしょう。
それに素直に自分のやりたいことを話して落ちても
それは自分自身納得できると思います。
「どういうことをしてきて、どうしていきたいか」
それを具体的に話すことはさらに恐怖を感じることです。
何だかんだ言っても自分のやってきたことやいま考えいるものは
実はしょうもないものなんじゃないのかつまらないものなんじゃないのか
そういう自分自身への恐怖があるからです。(そう、『山月記』のように(^^))
でも、具体化できない物事なんて動きません。
こんなことを人前でそれも短時間にすることは
とてもとても恥ずかしいし覚悟がいることだと思います。
でも創造的なことをしていきたいと思うからには
創造的なことをできる体力なり精神力なり能力なり、
何かがあるということをはっきりと証明することが必要になてきます。
新しいことをしたいなら新しいことをする覚悟、
スケールの大きいことをしたいならスケールの大きいことをする覚悟、
それが僕が思う就職活動者の中で結果の「差」がつく点です。

「さらば愛しきぞくぞく感よ」
・・・と、最後なのでさも偉そうに書きましたが
新しいことをすることをする「わくわくっ」感、
それに反比例するように来る恐怖に挑戦する「ぞくぞくっ」感、
はっきり言ってたまりません(^_^)
この快感に比べたら内定取るくらいの努力はしてみる価値ありますよ。
この楽しみのためだけでも就職活動はやりがいがあります。
もし僕が来年度(2年後)エニックスを受けることになれば
いま就職活動しているみなさんの後輩として活動することになります。
その時に99年度内定者以上の輝きを感じさせる内定者になっていてください。
なってないとモンゴルから騎馬隊を率いてきたり陰謀をめぐらしたりして
潰しちゃうよ(笑)(ただいま妄想銀行貯預金中)

最後に個人的なことを言えばエニックスは別れても抜群にいい女だったから
僕自身もエニックスにとって別れてもいい男にならなくてはいけないと
思っています。みなさんもこれからエニックスとどのような関係になっても
悔いのない活動をしてみてください。
氷河期、嵐の中、どうせ動かなくても潰れてしまうちっぽけな僕らです。
それなら思いっきり動いてみましょうよっ、
そこに「わくわくっ」感と「ぞくぞくっ」感が待っています。
そういう意味で就職活動を超える楽しみなんてそう無いですよ(^_^)

1999 3/31
出来事メモ、進路関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です