エニックス内定

エニックス社プロデューサー職に内定決定。
内定が300倍以上の難関とはうれしいものだ。
実はエニックスの筆記試験(東京)は産学協同事業のプレゼン(京都)と
微妙に被ってしまったので途中退席している。
(代表者がプレゼンの場にいないなんて無理)
退席の事情は説明したものの、たぶん落ちただろうと思っていたのに、
面接に進めるなんて理解ある企業だと思っていたのでそういう意味でも嬉しい。

これで産学協同事業体の主力4回生はすべてどこかしらから
内定をもらっていることになっている。
前々から僕や担当教官が言い続けてきた就職活動と
このインターンシップ 産学協同事業化プロジェクトは
同じカテゴリーにあるものだという認識に対して強い後押しになる。
そこまでは一亥に言えなくても、就職活動を理由に辞めていった人間も多い中で
「吉本興業インターンシッププロジェクトと就職活動は両立できる」ということの証明にはなった(^^)
それがなによりうれしい。(詳しくは『就職戦線日記』参照)

1998 5/25
出来事メモ、進路関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です