佐々木秀一 『財務諸表入門』 日本経済出版社 1989

「予算過程論」のテスト対策のため、友達から借りた会計の本。
実はこれがはじめてよむ会計系の本で貸借対照表、
損益計算書などの基礎をこの本を通じて知り、いかに自分が
基礎的な財務感覚が無かったのかを痛感、はずかしい思いをした。
この本は入門とか言いながらも、「良い会社の見分け方」や
「粉飾決算を見破る」などの項目でかなり実践的なことまで
書かれているので読んでいて飽きなかった。
ただ、まったく基礎知識がなかったので用語に慣れるのに
かなりの時間はかかった。

この本をamazonで見ちゃう

1997 7/11
会計学、経営学
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です