アビナッシュ・ディキシット&バリー・ネイルバフ、菅野隆・嶋津祐一訳 『戦略的思考とは何か―エール大学式「ゲーム理論」の発想法』 TBSブリタニカ 1991

ゲーム理論をやっている友達から「とても簡単!実践的!!」という
誘いで借りて読んだ本。
科学的な理論を出来るだけわかりやすく
実社会の例を通じて解説している入門書。
スヌーピーやテニスのサーヴィスの例、賭事の例などを使っているため
とっつきやすかった。
しかし計算が弱いため、読み終わるのに今年一番長い時間がかかった(^^;
なんとか明日のグローバル・シュミレーション合宿には間に合うように
読めたのでよしとしよう。

この本をamazonで見ちゃう

1997 6/19
意思決定論、ゲーム理論、戦略論
まろまろヒット率4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です