竹田青嗣 『自分を知るための哲学入門』 筑摩書房 1993

マレーシア渡航前から読んでいた本。初の哲学書。
前半は著者の哲学観が実体験を元にのべられていて興味深かったが
後半のギリシア哲学から現代思想までの流れの概要はいまいちだった。
とにもかくにもこれが初の哲学の本。

この本をamazonで見ちゃう

1996 9/24
哲学
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です