森玲奈 「ワークショップデザインの熟練と実践家育成に関する総合的研究」 東京大学 博士論文 (学際情報学) 2013

title
森玲奈 「ワークショップデザインの熟練と実践家育成に関する総合的研究」 東京大学 博士論文 (学際情報学) 2013

abstract
研究の目的はワークショップのデザイン過程におけるベテラン実践家の特徴的思考を明らかにすること
はじめに:本論全体の目的
第1章:研究の背景と目的
第2章:ワークショップ実践家の専門性とは何か
第3章:ワークショップ実践家の思考過程
第4章:ワークショップデザインにおける熟練の契機
終章:ワークショップ実践家の育成における課題と提言
おわりに:今後の課題

method
ベテラン実践家とその集団に属する初心者2組を選定し、発話思考法を用いた実験

conclusion
ベテランにおけるデザイン時の発話には、依頼内容の確認・解釈の後、コンセプトの立案を行うという共通の流れがあることが明らかになった
また、ベテランの特徴として、(1)依頼内容に対する幅広い確認を行うこと、(2)デザインの仮枠となるデザインモデルを使用すること、(3)保留や選択の余地を残した「やわらかな決定」を行うこと、(4)スタッフの育成に対する意識とデザイン力を持つこと、(5)過去の実践体験の想起や経験から構築された慣習を用いてデザインを行うこと、が明らかになった

point
終章 (ワークショップ実践家の育成における熟練の契機) にoriginality

2020 8/13
ワークショップ、博士論文
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です