沖縄県立八重山商工高等学校・サンバユニット宮城姉妹共催「クジャクの羽根活用ワークショップ」のコーディネーターをつとめる

沖縄県立八重山商工高等学校・サンバユニット宮城姉妹共催「クジャクの羽根活用ワークショップ」のコーディネーターをつとめる※1,2。

これは、産学官連携で取り組んだ「ジビエ調理開発ワークショップ」※3を基にして、食用には向かないクジャクの羽根をアクセサリーとして活用することを目指したもの。
当日は、クジャクの羽根の活用に詳しいサンバユニット宮城姉妹を講師として招いて、沖縄県立八重山商工高等学校・商業科観光コースの1、2年生がアクセサリー作りに取り組んだ。
宮城姉妹の指導と生徒のアイデアで、クジャクの羽根を使ったブローチや首飾り、帽子飾りなどが次々と作られていく様子は、コーディネーターとしても活気が感じられるものだった。
また、芸能分野のサンバユニット宮城姉妹との連携は、産学連携ならぬ、芸学連携としても新しい試みとなった。
鳥獣害として地域の課題となっているクジャクの活用を芸学連携で進めるコーディネートに今後も取り組んでいきたいと感じたワークショップ。

2018 1/29
出来事メモ

※1:2018年1月30日 『八重山毎日新聞』・第8面 「有害鳥獣クジャクの有効活用 羽根でアクセサリー製作 官学連携で価値転換目指す」

※2:2018年1月30日 『八重山日報』・第7面 「クジャクの羽根サンバ衣装に 八重工でワークショップ」

※3:渡邊義弘 『八重山農林高等学校・八重山調理師会・石垣市連携による「ジビエ調理開発ワークショップ」の報告~産学官連携で鳥獣害に立ち向かう石垣島の挑戦~』 「畜産技術」749号 2017

“沖縄県立八重山商工高等学校・サンバユニット宮城姉妹共催「クジャクの羽根活用ワークショップ」のコーディネーターをつとめる” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です