石垣市立西部地区4小学校合同「職業人講話」の講師をつとめる

石垣市立西部地区4小学校合同「職業人講話」の講師をつとめる※。

これは、職業観を身につけることを目的にしたキャリア形成教育の一環で、石垣市の西部地区にある4つの小学校(川平、崎枝、富野、吉原)の5~6年生を対象に実施したもの。
事務局からの依頼では「小学生の夢を応援する話を」とのことだったけれど、自分の小学生の頃には夢が無かったので少し困った。

ただ、当日はそのことも正直にお伝えして、小学校の頃には夢は無かったけれど、読書が嫌いではなく、読書メモを残し、それを公開することで情報発信の魅力に気づき、研究したこと。
さらに、その研究を世の中で活かすために、公共分野での情報政策の仕事に就いたこと。
その仕事をしながら石垣島の存在を知り、石垣島で働きたいという希望が生まれて、こうして石垣島で働き始めている。今が夢の途中だということをお話しした。

最後の感想発表では、「私も夢が見つからなくて焦っていたこともあったので話を聞いて安心した」、「夢をいろんな方法でかなえていきたい」などの感想をいただき、講師としてもうるっときてしまった。
大停電の中ではあったけれど、しっかりと聞いてくれた小学生のみなさんに感謝。

また、これは石垣島で取り組みたいと考えていた産学官連携の一歩でもある。
講師としても様々な思いが去来した講話。

報道歴:2016年10月8日 『八重山日報』・第6面 「情報発信の魅力伝える 渡邊さんが川平小で講話 地域おこし隊員」

2016 10/6
出来事メモ、講義

※:2016年10月8日 『八重山日報』・第6面 「情報発信の魅力伝える 渡邊さんが川平小で講話 地域おこし隊員」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です