常滑の赤飯は白い:大蔵餅の「おこわ」


「常滑は赤飯は白い」という話をお聞きして、甘味処の大蔵餅でおこわを購入する

常滑の甘味処や和菓子店では、他の地域の赤飯と同じ扱いで小豆を使ったおこわが販売されている。
小豆の茹で汁を一度捨てるので、通常の赤飯よりも手間がかかるこの白い赤飯(おこわ)がなぜ常滑では主流なのか。
その確かな理由は分からないけれど、一説には赤飯の色が血を連想させるからとのこと。
(この白い赤飯は常滑を含めた知多半島の食文化らしい)

食べてみると、小豆の茹で汁を使っていない分、餅米の地味が強く感じられて、通常の赤飯よりもご飯に近い味わい。
見た目も味もご当地食が感じられる一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

愛知県常滑市の「大蔵餅」常滑本店にて購入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です