三角庵の「常滑焼うどん」


常滑にある三角庵で、常滑焼うどんをいただく。

常滑焼うどんとは、常滑焼まつりのイベントとして誕生したご当地グルメの取り組みで、常滑産の海苔と常滑焼の器を使うのが特徴の焼うどん。
食べてみると、塩辛さが強調された味付けで、半熟の目玉焼きを絡めながら食べるとちょうど良い味になる。
このしょっぱさも常滑らしさとのこと。
(常滑焼の職人さんたちは窯仕事が多いので塩分と糖分の強調したものが多かったとのこと)

ちなみに、こちらのお店は大正時代から続く老舗でもある。
古くから続くものと、新しい取り組みが融合する可能性を感じさせる一皿。
まろまろと今日ももぐもぐ。

愛知県常滑市の「三角庵」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です