三重県ご当地グルメの「あられ茶漬け」


三重県のご当地グルメとして知られる、あられ茶漬けをいただく。

このあられ茶漬けは、あられ霰に塩をひとつまみ振り、お茶をかけていただくというもの。
もともと三重県中部(中勢)はお米とお茶の産地だったので、農家の方が野良仕事の合間に食べ始めたのが発祥とされている。

お茶漬けの素に小さなあられが入っていることはあるけれど、あられだけのお茶漬けというのは大阪出身で東京生活の長かった僕にとっても驚きの組み合わせ。
味の方も食感が変わっていくあられが食べやすくて、おやつとして好まれてきた理由もよくわかるものになっている。

ちなみに、このあられ茶漬けもつい最近まで中勢のみなさんは独自性に気がついていなかったとのこと。
情報の価値はある一定の距離を経ないと価値があがらない=情報価値の放物曲線の事例の一つとしても注目の一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県松阪市の「おもてなし処 鈴の音」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です