待夢の「アーモンドトースト」


姫路にある待夢で、アーモンドトーストをいただく。

アーモンドトースト(アーモンドバタートースト)とは、小さく砕いたアーモンド入りのバターを使った焼きトーストのことで、姫路名物として知られている。
この待夢は、一説にはアーモンドトーストの発祥のお店とも言われる老舗。
食べてみると、これが美味しい。
焼き色が付いたアーモンドバターが、甘みと塩味が組み合わさった複雑な味わいで、関西地方の特徴である厚切りされた食パン(3枚切り)と相性が良い。
ピーナッツバターともまた違った味わいで、姫路の地域に愛されているのも理解できる一品。

ちなみに、こちらのお店には「第10回地域SNS全国フォーラムin姫路」に参加(またまた自費w)させていただいた後に、バスに乗って訪問した。
地元の方からは「(姫路では)どこでもあるもんやのに、わざわざバスに乗ってまで行くん?」と驚かれたけれど、流通網が発達して全国どこでも同じものがいただける現在だからこそ、発祥や老舗などのオリジナリティに価値が出てくると思い訪問。
Facebookでも多くの方から情報やコメントをいただき、参加したフォーラムでも話題となった「数を追いかけるのではなく、質を求めること」の大切さも感じたご当地グルメでもある。
まろまろと今日ももぐもぐ。

兵庫県姫路市、イオン姫路内の「待夢(タイム)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です