天文館むじゃきの「白熊」


鹿児島にある天文館むじゃきで、白熊をいただく。

白熊(氷白熊)とは、かき氷の上にミルク蜜をかけてフルーツをトッピングした鹿児島の名物。
その白熊の老舗として知られているのが、昭和22年(1947年)創業のこの天文館むじゃき。

店内で白熊を食べてみると、これがとても美味しい。
自家製ミルクと蜜、そしてフルーツとのバランスが良くて、濃厚な味と口融けの軽さが両立している。
この氷の口融けの良さは、カンナ削りにこだわっているからとのこと。
さらに足りなくなれば自家製ミルクと蜜は追いがけも可能。
まさに名店の一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

鹿児島の「天文館むじゃき」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です