鶴橋 焼肉 大倉の「生子袋のぶつ切り」


大阪の鶴橋にある、鶴橋 焼肉 大倉で、生子袋のぶつ切りをいただく。

この生子袋のぶつ切りは、内臓肉(ホルモン)のお刺身。
今年は生肉に逆風が吹いた年だけど、こちらのお店は冷凍やチルドの肉は一切使わないという方針があるため、今でも生肉、しかもホルモンをお刺身で提供している。

食べてみると、ほどよいコリコリ感と、ホルモンらしいコクが感じられて、生ホルモンの美味しさが感じられる。
生肉逆風時代にあって、お店の自信と誇りが感じられる一品。

ちなみに、かつて難波にあったこちらのお店の道頓堀極楽商店街店に訪問してから、5年ぶりの訪問。
変わらない食肉に対する真摯な姿勢に感銘を受けたお店でもある。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・鶴橋の「鶴橋 焼肉 大倉」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です