両口屋是清の「をちこち」


名古屋にある両口屋是清のをちこちをいただく。

寛永11年(1634年)創業の両口屋是清は、東海地方を代表する和菓子店。
このをちこちは、そんな両口屋是清の代表的なお菓子の一つで、大納言小豆の粒が入った羊羹を、米粉とあんこを混ぜて蒸した村雨で挟んだもの。
(「をちこち」とは「遠い・近い」という古語)

すべての層で小豆が使われているけれど、食感と調理方法がそれぞれ違うので同じ素材を使っているとは思えないほど重層的な味わいがある。
手間暇がかけられた老舗の一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

名古屋の「両口屋是清」にて購入とのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です