快楽亭の「上うなぎ丼」


松阪にある快楽亭で上うなぎ丼をいただく。

この快楽亭さんは、明治3年(1870年)創業の日本料理店。
同じランチ・メニューのひょうたん弁当にも惹かれたけれど、松阪の生き字引であるミヤトウさんからうなぎが一押しとお聞きして注文。

女将さんからオススメされてネギを乗せて食べてみると、確かにこれが美味しい。
肉厚と、焼き加減のバランスが良くて、完成度の高さを感じる。
お話しによると、うなぎは井戸水で臭みを取り、注文を受けてからさばいているとのこと。
評判通りの一品。

ちなみに、こちらのお店には石垣市交流職員の西銘基恭さんに連れられて訪れたお店でもある。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県松阪市の「日本料理 快楽亭」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です