いづ重の「鯖寿司」


京都の祇園にある、いづ重で鯖寿司をいただく。

このいづ重は、鯖寿司の老舗として知られる「いづう」の暖簾分け。
暖簾分けと言っても明治41年(1908年)創業なので、すでに100年以上の歴史があるのが京都らしいところ。

巻かれている昆布を取ってから食べてみると、鯖の肉厚と酢飯とのバランスが良くて美味しい。
特に、京都の伝統的な酢である花菱の酢を使っている酢飯にはこだわりが感じられた。
京都らしい伝統と美味しさの両方が伝わってくる一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

京都・祇園の「いづ重(いず重では無い)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です