栖園の「琥珀流し」


京都の栖園で、琥珀流しをいただく。

琥珀流しとは、月替わりの寒天菓子のことで、店内限定の和菓子。
11月は柿の琥珀流しとして干柿と生柿の両方が使われている。

味の方も京都らしく上品で、柿の風味が秋を感じさせられた。
見た目も味も季節感が感じられる一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

京都・烏丸御池(六角)の「大極殿 甘味処 栖園」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です