亀山みそ焼きうどんの聖地;亀八食堂の「味噌焼肉後の焼きうどん」


亀山みそ焼きうどんの聖地と呼ばれている、亀八食堂におとずれる。
三重県亀山市の名物はSHARPの液晶カメヤマローソク、そしてこの味噌焼きうどん、とまで言われるほど亀山みそ焼きうどんは今やメジャーなご当地B級グルメとなっている。

亀八食堂には、その亀山みそ焼きうどんの聖地として知られているけれど、実は「味噌焼きうどん」というメニューは無い。
あくまでも鉄板焼きの味噌焼肉のお店なので、自分で焼いた味噌焼肉を食べた時に鉄板に出たタレにうどんを投入するのが本来のスタイル。
今回は、ホルモンAと豚肉を注文して焼き、そこにうどんを投入したのが写真。
(肉を注文すれば野菜は付いてくる)

食べてみると、野菜から出た水分とラード、ホルモンなどの肉から出た脂が味噌と合わさったタレを吸った柔らかなうどんの食感と濃い味が印象的。
焼きうどんは関西地方などでも食べる機会があるけれど、通常の焼きうどんとは違って香ばしさ、柔らかさ、濃さの三つが際立っているという確かに独自性のあるもの。

ちなみに、この亀山みそ焼きうどんは、見た目は決して上品ではないし、食べている間に脂が飛び散るので汚れても良い服装でおとずれる必要がある。
しかも、厨房から客席に犬が飛び出してくるというアトラクションまである。
そうしたところもご当地B級グルメらしいところ。
まろまろと今日ももぐもぐ。

三重県亀山市の「亀八食堂」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です