浪芳庵本店の「炭火焼き餅」


浪芳庵の本店をおとずれる。

浪芳庵は、安政5年(1858年)創業の大阪を代表する和菓子の老舗。
みたらし団子やわらび餅などが有名だけど、本店では囲炉裏を使ってお餅を焼くことができる。

炭火で炙ったお餅は、球形にふくれて見た目もキュート。
あんこをつけて食べてみると、もちもちした食感と香ばしさが感じられて、焼き立てのお餅の美味しさが感じられる。

また、このイートインスペース(カフェ)に加えて、本店にはワークショップ用の施設もある。
建物もオシャレな雰囲気で、現代的なニーズにも応えていく姿勢が伝わってくる老舗。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・難波(なんば、ミナミ)の「浪芳庵」本店にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です