すし萬の「小鯛雀鮨」


すし萬の小鯛雀鮨をいただく。

このすし萬は、創業が承応2年(1653年)なので、現存する最古の寿司屋の一つとされている。
看板商品の小鯛雀鮨は、押し寿司のイメージをくつがえすほどの優しい味わい。
酢飯のお酢も軽めなので、食べるにしたがって小鯛の甘さを感じることができる。
薄味の味つけに、上方文化の特徴が伝わる一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・難波(なんば、ミナミ)の高島屋本店地下の「すし萬」で購入とのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です