王ろじの「とん丼」(カツカレー)


新宿にあると王ろじをおとずれる。

この王ろじは大正10年(1921年)創業のとんかつの老舗店。
とんかつの老舗店とは書いたけれど、豚肉の衣揚げを「とんかつ」(トンカツ)と名づけたのはこちらのお店が発祥という説があるので、とんかつの元祖とも言えるお店。

そんな王ろじの名物、とん丼はカレーをかけた丼の上にカットされたとんかつが立体的に盛られているという独自のスタイル。
食べてみると、とんかつの衣がさくさくとしていて、斜めにカットされた豚肉との一体感があって美味しい。
カレーの方はもう少し深みがある方が好みだけど、「昔ながらの新しい味」というお店のキャッチコピーも理解できる一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

新宿の「とんかつ専門店 王ろじ」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です