サントリー白州蒸留所の「白州 25年」


サントリー白州蒸留所の中にあるBAR白州で、白州25年(No.1376)をいただく。

この白州25年は、サントリーシングルモルトウィスキー白州の25年もの。
現在、一般に販売されている白州の中では最高年のものなので、年間出荷数も1000本の限定販売。
また、この白州25年は日本を代表するウイスキー・ブレンダーの 輿水精一さんが手がけたものとしても知られている。

今回は、せっかくサントリー白州蒸留所に来たのだからとフフレと共にストレートでいただく。
飲んでみると、重たさの中にも白州らしいすっきり感が残っていた。
重厚感とさわやかさのバランスが絶妙で、お酒をほとんど飲まない僕でも美味しいということが分かる。

個人的事情で山崎25年を飲んだ時ほどの感慨は無かったけれど、味の方は確かにすばらしいと思える一杯。
まろまろと今日ももぐもぐ。

山梨県北杜市、小淵沢の「サントリー白州蒸留所」内、BAR白州にて。

“サントリー白州蒸留所の「白州 25年」” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です