船橋屋の「くず餅」


亀戸にある船橋屋で、くず餅をいただく。

一口にくず餅(葛餅)と言っても関西のものは本葛から作られている一方で、関東のものは小麦粉のデンプンを発酵させて作られているまったくの別物。
このこの船橋屋は亀戸天神の脇で文化2年(1805年)創業した関東風のくず餅の老舗。

食べてみると、プルルンとした食感は関西のものとは大きく違っている。
京都の鍵善などに代表される関西のくず餅に慣れた人は違和感を覚えるらしいけれど、これはこれで別物として美味しい。
こちらのお店は特に、きな粉と黒蜜にも美味しさを感じた。

東西の食文化の違いを感じさせられた一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

亀戸天神近くの「船橋屋」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です