La Barrique Tokyo(ラバリック東京)の「ランチ・Bコース」


酢漬けキャベツと自家製ハムを挟んだパン=シェフの思い出の一品とのことで、どの料理の前にも出てくるLa Barrique Tokyoの顔。


リボリータ=野菜と豆とパンを繰り返し煮た(Rebolitta)という意味のトスカーナ地方の郷土料理。アミューズとして最適な優しい味。


初ガツオのサラダ仕立て・粒マスタードソース=若々しい初鰹をさっぱりと仕立てたもので、春を感じられる一皿。


ホタルイカのリングイネ=トマトベースのソースにはとても深みがあり、これまで食べたことのあるトマトベースのパスタの中で1,2を争う美味しさ。


シャロレ仔牛のカツレツ=この日のメインディッシュ。シャロレ牛(Charolais)の柔らかさと美味しさが感じられるメインに相応しい一皿。


リンゴのスープ仕立て・シナモンジェラード添え=酸味を引き立てたリンゴのスープとシナモンの風味が調和したデザート。リンゴの種に見立ててチョコレートをつけているところも可愛い。


お茶菓子=ドライフルーツを中心としたお茶菓子。特にチョコレートコーティングされた食用ほおずきは、あまずっぱさとほろほろ苦さを同時に実現させた特徴ある一品。


文京区友の会新春ランチオフ会
として、江戸川橋にあるイタリア料理店、La Barrique Tokyoをおとずれる。
写真からも分かるように、どのお皿も美しく、そして美味しい。
さらに、お店は一軒家を改築した落ち着いた雰囲気になっていて、ゆったりとお食事をいただける工夫がされているのも魅力の一つ。
千石にあるVolo Cosiと並んで、文京区二大イタリアンだと感じたお店。

ちなみに、今回の文京区友の会のオフ会には、ご夫婦でご一緒に初参加された方がいらっしゃった。
文京区友の会を通して結婚された方は会長の僕が把握しているだけで三組あり、ご夫婦で参加された方もいらっしゃるけれど、ご夫婦そろって初参加でというのは今回がはじめて。
文京区友の会を2006年4月4日に設立して以来、この4年で新しいご近所さん付き合いの場として定着しつつあることが感じらて、会長としても嬉しさを感じたランチ会。
まろまろと今日ももぐもぐ。

江戸川橋(東京都文京区水道2-12-2)の「Ristorante La Barrique Tokyo(リストランテ ラ・バリック・トウキョウ)」にて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です