フロイン堂の「食パン」


神戸岡本にあるフロイン堂の食パンをいただく。

このフロイン堂は、昭和7年(1932年)創業のパン屋さん。
天然酵母のパンを手ごねして、煉瓦窯の余熱で焼き上げるという昔ながらの製法を守り続けている。
電気機器は一切使わない。

当然ながら焼き上がるパンの数が限られてしまうので、予約をしないとほぼ手に入らないけれど、今回はフフレが買って来てくれたのでありがたくいただく。
食べてみると、バリバリっとした外側の中にあるもっちりとした中身が小麦の風味を感じられて美味しい。
特にトーストにすると小麦粉の風味がより一層引き立つのでオススメ。

第二次世界大戦の空襲や阪神淡路大震災を乗り越えた煉瓦釜が今も現役で活躍する、神戸を代表するパン屋さん。
まろまろと今日ももぐもぐ。

神戸・岡本の「フロン堂」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です