寛容とは、許す指針を持っていること

寛容とは、何でも許すことでは無く、許す指針を持っていることをいう。
「水に流す」や「忘れる」というのはファンタジーで、それを求めることはアニメやゲームの出来事を現実と錯覚することと変わらない。
許すことは勇気が必要な行為だからこそ、指針を明確化させなくてはいけない。

追記:指針の詳細はまろまろコラム『寛容のメモリ~決別のmemoryと和解の目盛~』で公開。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です