『祖谷のかずら橋』(名所旧跡)

四国の中央の山岳地帯、徳島県三好市西祖谷山村善徳にあるかずら橋。
その名の通り、葛類のかずら(サルナシ、学名”Actinidia arguta”)を編み合せて作った橋。
渡るだけで500円の料金が必要なのは、大阪人の同行者がプチギレしていたけれど、エメラルドグリーンの川にかけられたかずらの橋は秘境感がある。
弘法大師や平家落人にまつわる伝説がいくつかあるのも理解できる橋。

2009 11/22
もろもろ鑑賞、名所旧跡
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です