豚麺の「カツカレー丼大」


デカ盛りメニューのある中華料理店として知られる、豚麺でカツカレー丼の大をいただく。

小ぶりな洗面器のような大きさの丼に大量のご飯、トンカツ、そしてカレーあんが並々と盛られた迫力の一杯。
食べてみると、中華丼のカレー風味という感じのカレーあんがカレーライスでは無く、中華料理屋さんのカレー丼らしさを発揮している。

大阪のボリューミーな中華料理店と言えば、香里園の大三元も有名だけど、個人的にはこちらの豚麺の味付けの方が好み。
近くには大阪府立大学(府大)もあり、腹ペコなナウいヤングも大満足できるお店。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・中百舌鳥(なかもず)の「中華料理 豚麺(とんめん、ぶためんでは無い)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です