スイスホテル南海大阪の「スイスミューズリー」


スイスホテル南海大阪の朝食ビュッフェで、スイスミューズリーをいただく。

このスイスホテル南海大阪は、南海電鉄グループの南海サウスタワーホテル大阪をスイスホテル(ラッフルズ・インターナショナル経営)が買収したもの。
かつて大赤字で南海電鉄グループ不調の象徴的な存在だったホテル再生しようとしている。

今回いただいた朝食ビュッフェはあまり印象に残るものは少なかったけれど、このスイスミューズリーはスイスホテルらしいものとして手に取った。
スイスミューズリーとは、その名の通り、スイスの伝統的なシリアルのこと。

食べてみると、ナッツ類が豊富でしっかりとした食感がある。
さらにリンゴなどのフルーツの風味もあって、美味しく感じられた。
スイスの風を大阪に届ける一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・難波(なんば、ミナミ)の「スイスホテル南海大阪」内カフェスイスにて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です