かつくらの「とんかつ」


かつくらで、とんかつ膳の120gをいただく。

このかつくらは、京都発祥のトンカツ屋さん。
まろまろ記8周年特別企画まろまろ茶話会2009での発表する「まろまろのゆくたてこしかた」をつくっている時に、8年前の立ち上げの時に手伝ってくれた人と打ち合わせでおとずれたことを思い出して訪問。

ごはん日記はもちろん、このまろまろ記(当時はまろまろ読書日記)さえ無かった8年前を思い出しながらいただいてみた。
食べてみると、サクサクとした衣の食感とジューシーさは当時のまま。
ちょうど8年前におとずれたのと同じ店舗ということもあって、味も雰囲気もまったく当時と同じものに感じられた。

ちなみにこちらのお店キャベツ、お味噌汁がお代わり自由なのに加えて、お櫃で提供される麦ごはんもお代わり自由。
お漬物も美味しくて思わず食べ過ぎるのも8年前と同じ(w

「時間は無意識のうちにも過ぎていくので、意識して残していかないといけない」という、8年前のサイト立ち上げの時の気持ちを新たにしたひと時。
まろまろと今日ももぐもぐ。

京都・寺町の「名代とんかつ かつくら」四条寺町店にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です