ひらやまの「どじょうの蒲焼き」


立ち飲みのひらやまで、どじょうの蒲焼きをいただく。

お店の中にある水槽で泳いでいるどじょうを串焼きにしたもので、1本80円。
うなぎよりも軽い味で、お酒によくあうおつまみとなっている。
ただ、関東と違って関西はどじょう(どぜう)を食べる食文化に馴染みが薄く、同行した人はあまり好みではなかったようだ。

ちなみに、こちらのお店は立ち飲みの名店、わすれな草の姉妹店。
メニューや価格帯はほぼ同じで、安心しておとずれることのできるお店。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・北浜の「大衆酒場 ひらやま(平山)」にて。

“ひらやまの「どじょうの蒲焼き」” への0件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です