高井田系ラーメンの元祖;住吉の「中華そば」


高井田系ラーメンの元祖、住吉で中華そばをいただく。

高井田系ラーメンとは、高井田ラーメンや高井田系中華そばとも呼ばれる、大阪東部のご当地ラーメンのこと。
諸説あるものの、この住吉が高井田系ラーメンの発祥のお店の一つと言われている。

注文した中華そばは、高井田ラーメンの特徴である極太の麺と濃い醤油系スープがインパクトのある見た目になっている。
特にストレートの極太麺はコシが強く、食べてみると歯ごたえの中に麺の味を感じることができる。
この極太麺と鶏がら醤油のスープが想像以上に相性が良くて、とても美味しく感じられた。
一般的に薄味を好むとされている関西にあって、カドの立った特徴的なラーメン。
個人的には関西ラーメン店の中でも1,2を争う好み。

ちなみに、高井戸とよく間違われることもあるけれど、高井田と高井戸は場所はもちろん、雰囲気もまったく違うエリアだったりする(w
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・布施(新深江橋、高井田)の「中華そば 住吉(すみよし)」にて。

“高井田系ラーメンの元祖;住吉の「中華そば」” への0件の返信

  1. おーー!!!
    このラーメン!
    私が生まれた初めて食べたラーメン屋さんです。
    幼い頃大阪で育ち、歯が生えそろう前から食べていました!
    歯が生えそろう頃には引っ越してしまいましたが、この味が忘れられず、今でもたまに東京から大阪まで食べに行っています。
    いや、ここでお目にかかれるとは思ってもいなかった。
    感激です。
    美味しいですよねー!

  2. >じゃす
    何と!
    歯も生えそろわない頃からの常連とはお見それいたしました。
    確かにここでしかない味の独特のラーメンですよね。

    かく言う僕もすっかり好きになってしまいましたでまた行きたいと思っています。
    東京ではなく高井田で出会ったりして(^_-)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です