うさみ亭 マツバヤ(松葉家本舗)の「おじやうどん」


松葉家本舗(うさみ亭 マツバヤ)で、おじやうどんをいただく。

おじやうどんとは、鍋焼きうどんとおじやが一つの鉄鍋に入っているというもの。
お好み焼き定食と並んで、炭水化物大好きな大阪文化を象徴する食べ物の一つ。
食べてみると、熱々の鍋焼きうどんと、その鍋焼きのお出汁を吸ったおじや(雑炊)との相性が良くて、普通に美味しくいただける。

ちなみにこちらの松葉家本舗(うさみ亭 マツバヤ)は、きつねうどん発祥のお店として知られている明治26年(1893年)創業の老舗。
きつねうどんは全国に広がって、今や完全に一般化したけれど、このおじやうどんはまったく普及していないのが文化の差を感じますな(w
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・心斎橋(南船場)の「うさみ亭 マツバヤ(松葉家本舗、松葉家)」にて。

“うさみ亭 マツバヤ(松葉家本舗)の「おじやうどん」” への0件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です