大須ベーカリーの「フーガス」


大須商店街にある、その名も大須ベーカリーでフーガスをいただく。

フーガス(Fougasse)とは、フランス語で葉っぱを意味するように平たく焼かれたパンのこと。
フーガスと言えばフランス南部のものだけど、この大須ベーカリーのフーガスはフライドオニオンとベーコンを練り込んだ塩味の効いた1枚になっている。
お店ではおつまみとしても合うと紹介されているように、食べてみると大きなせんべいという感じに近い。

ちなみに背景は米原駅停車中の新快速の窓。
まろまろと今日ももぐもぐ。

名古屋・大須の「大須ベーカリー」にて購入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です