大一楼barnの「日替わりランチセット」


大一楼barnで日替わりランチ・セットをいただく。

この大一楼barnは昭和2年(1927年)創業の中華料理の老舗・大一楼の支店。
本格中華の本店とは違って、エスニック風のカフェのような雰囲気のお店のランチは、やはりカフェ・メニューのような盛りつけ。

本日の日替わりはイカのチリソースと茄子の肉はさみ揚げ、サラダ、春雨の和え物、スープ、ライス(ふりかけがポイント)。これにデザートの杏仁豆腐につく。
さすが老舗が展開しているだけあって、見た目は軽いけど料理の味付けはしっかりしているところが高感度高いところ。

ちなみに、なぜbarn(バーン)かと言うと、かつて大一楼の倉庫があった場所につくったからとのこと。
てっきり中国語か何かと思っていたのは灯台もと暗しですな(w
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・難波(なんば、ミナミ)、湊町・OCAT近くの「大一楼 barn店(DAIICHIRO BARN、だいいちろう・バーン店)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です