シンガポール料理;宏亜楼の「海南チキンライス・セット」


シンガポール・チキンライスが食べられると聞いて、シンガポール料理の宏亜楼をおとずれる。

シンガポール・チキンライス(海南鶏飯)は、鶏の出汁で炊き込んだご飯と鶏肉を別々に盛って、エスニックな薬味でいただくというもので、日本で一般的なケチャップ・ベースのチキンライスとはまた違ったもの。
今回は海南チキンライスのセットでいただいてみると、やはり美味しい。鶏の炊き込みご飯とスパイシーな薬味で味に変化をつけられるので、何杯でもいただけてしまう。
このシンガポール・チキンライスは日本では東京にある海南鶏飯食堂や海南鶏飯などが有名だけど、関西ではまだめずらしい。はじめて食べたという同行した家族も満足してくれた一品。

ちなみにこちらのシェフは世界各国を渡り歩いた人なので、日本語に加えて、マレー語、広東語、北京語にも対応できるという国際色豊かなお店でもある。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・難波(なんば、ミナミ)の「北京ダック・粥・シンガポール料理 宏亜楼(こうあろう)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です