踏切前 カドヤの「地鶏もも焼き」

阪急十三駅は阪急沿線の京都方面、神戸方面、北大阪方面の路線が終結するターミナル駅。
乗り換えターミナル駅ではあるけれど、一歩駅の外に出れば昔ながらのディープな飲み屋街がある。

そんな十三の飲み屋街にある、踏切前カドヤをおとずれる。
こちらのお店は立ち呑みだけど、宮崎地鶏の炭火焼きのを売りにしているお店。

看板メニューの地鶏のもも焼きをいただいてみると、炭で焼かれているのでまるでイカスミのように真っ黒。しっかりとした歯ごたえと噛みしめる度に感じる鳥肉のうまみは、まさに地鶏焼き。レモンとゆず胡椒をつけていただくところも宮崎風ですな。

ちなみにこちらのお店はまだ新しく、「十三新名物」を目指して若い女将が一人で切り盛りしている。かといって変なお客さんはついていないようで、十三は以外とあたたかい街なんだということがわかるお店。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・十三(じゅうそう)駅西口の「踏切前 カドヤ(角屋、かどや)」にて。

“踏切前 カドヤの「地鶏もも焼き」” への0件の返信

  1. 阪急線で塚口へ向かうとき
    いつも十三駅を通過します

    真っ黒モモ焼き!に柚子胡椒!!
    大変興味があります!!
    美味しそう!!

  2. >銭形さん
    そうそう、十三駅はターミナルですよね。
    でも、降りたことがある人は意外と少なかったりします。

    このお店は立ち飲みとしてはかなりオススメです。
    今度いきませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です