平野屋の「瓜の漬物」

通天閣の下、新世界は今や巨大な観光地スポットになりつつある街。そんな新世界にあって、いまだにディープな雰囲気を残す立ち飲み、平野屋をおとずれる。

カウンターの中にあるおつまみを選んでいただのは、まさに日本のオーソドックスな立ち飲みスタイル。
写真は瓜の漬物。瓜(うり、ウリ)は浅漬けにするとその甘みとさっぱりとした水分を感じられる。夏の風物詩ですな。

ちなみにこちらのお店は他のおつまみもどれもおいしく、もちろん値段も安く、そして思っていたよりもホスピタリティもあった。三拍子そろった立ち飲みとしてお気に入りになった一軒。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・新世界(新今宮、動物園前)、ジャンジャン横丁入口の「平野屋(ひらのや、平野家では無い)」にて。

“平野屋の「瓜の漬物」” への0件の返信

  1. 瓜の浅漬けは食べた事がありません
    今度、チャレンジしてみます

    先日、奈良の燈花会に行った時
    久々に「瓜の奈良漬」を食べました

    うな重に付いて来るくらいしか
    食べた事が無く、
    嫌いだったのに、

    初めて、

    歯ごたえと、甘味と、香りが、
    んっ、旨い!!と思った

    買って帰れば良かった!!!

  2. >銭形さん
    瓜は奈良漬のようにしっかり漬け込むのもおいしいですが、浅漬けもおいしいですよ。
    こちらの立ち飲み屋さんはオススメ度もかなり高いのでぜひ行ってみてくださいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です