寄鳥味鳥の「骨付鳥 わかどり」

香川県の名物はうどんと共に焼鳥。
高松に住んでいたことがあるというまろみあんから紹介されて、骨付鳥のお店・寄鳥味鳥をおとずれる。寄鳥味鳥と書いて「ヨリドリミドリ」と読むらしい。

骨付鳥はしっかりした食べ応えのおやどり(親鶏)と、柔らかいわかどり(若鶏)の二種類がある。
ちょうど1年前に、骨付鳥の名店として知られる一鶴の丸亀本店でおやどりを食べた時に、思わず顎関節症が再発しそうになったので(w今回は迷わず柔らかいわかどりを選択。
(まさに失敗学ですな)

注文を受けてから20分かけてオーブンで焼き上がって出てきたのが写真。
あふれる脂からわかるように、実にジューシー。外皮はパリっとしていて、中の鶏肉はお箸で切り取れるくらいやわらかい。これは切り込みを深く入れている点だけでなく、朝締めした新鮮な鳥を使っているからとのこと。
鳥さんへの感謝を込めて、最後の骨までしゃぶって美味しくいただきました。合掌。
まろまろと今日ももぐもぐ。

香川県高松市の「寄鳥味鳥(よりどりみどり)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です