栄寿司の「コハダ」


下町の雰囲気を残す街、京成立石で評判の栄寿司をおとずれる。
こちらのお店はカウンターだけの立ち食い寿司スタイル。目の前でにぎってもらったものをお客さんが手づかみで食べるという鮨の原型の雰囲気を残している。
(ガリも手づかみで食べるというのがミソ)

ネタはどれも新鮮で、煮物や〆物などのひと手間かけたものも美味しい。
そんなネタの中で写真はコハダ。酢〆にして一手間かけたものだけに、仕事の良さがつたわってくる一品。

ちなみにコハダ(小鰭、こはだ)は、コノシロ(学名”Konosirus punctatus”)の子供なので実はニシン科だったりする。
まろまろと今日ももぐもぐ。

京成立石の「栄寿司(さかえずし、さかえすし)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です