日本最古のインド料理店;ナイルレストランの「ムルギーランチ」


東銀座にある日本最古のインド料理屋さん、ナイルレストランで名物のムルギーランチをいただく。
ムルギーと言うだけあって、骨付きの鶏肉、マッシュポテト、炒めたキャベツ、ターメリックライスがワンプレートに盛られている。
このムルギーランチは店員さんが目の前で鶏肉をほぐして骨をはずしてくれる。写真はその直後の一枚。この後、自分で全体をよくかきまぜていただくのが流儀。
(インド人気質な店員さんからの指導が入るのもこのお店の名物)

肝心の味の方はとルーのスパイシーさとマッシュポテトやキャベツの甘みとのバランスがとても良い。後味で辛さもしっかりと感じられて、とても複雑な味。かき混ぜてみても様々な味を最後まで感じることができる。
お店と同じくこのムルギーランチも50年以上の歴史があるメニューだけど、半世紀前の日本人に受け入れられたことが不思議なくらいホットな味わい。

ちなみにこのナイルレストランの創業者”A.M.Nair”氏はインド独立運動にも関わり、東京裁判のパール判事(インド人)の通訳をつとめるなどの日印交流史に名前を残す人物でもある。
まろまろと今日ももぐもぐ。

銀座の「印度料理専門店 ナイル・レストラン」にて。

“日本最古のインド料理店;ナイルレストランの「ムルギーランチ」” への3件の返信

  1. ピンバック: 読書発電所Annex
  2. このお店は私のゼミの友人ナイルくんのおじいさんが始めたお店です。ナイルさんもお兄ちゃんもお店の人たちもみんなが楽しい食事のひとときを提供してくださいます。
    インドから2年ぶりに帰ってきた今、また行ってベジタリアン料理を注文してみよう。(ムルギランチをすすめられるのがおちだが。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です