堀江バル EUGO(ユーゴ)の「小海老のアヒージョ」

堀江にあるスペインバル、堀江バルEUGOで小エビのアヒージョをいただく。
アヒージョ(ajillo)とは、オリーブ油で具をグツグツと茹で揚げる一皿で、スペイン・バルでは定番のタパス(おつまみ)。
見た目は油そのものだけど、食べてみるとオリーブ・オイルということもあって意外と油っこくはない。
特に油で揚げ温められたニンニクがほっこりとした甘さで気に入った。

ちなみにこちらのお店は、以前はイタリアン・バールとスペイン・バルとの融合したお店として「堀江バール EUGO」という名前で営業していたとのこと。
現在はスペイン・バルに一本化して「堀江バル EUGO」に変更して営業中。試行錯誤ができるっていいですな。
(ただし純粋なスペイン料理系バルとしては近くにあるポロンポロンの方が好み)
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・堀江の「堀江スペインバル EUGO(ユーゴ)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です