ホルモン焼肉・原軒の「塩焼きあぶらつきテッチャン」


すっかり観光地化が進んだ通天閣の下、新世界にあっていまだにディープな雰囲気を残すホルモン焼肉の原軒をおとずれる。
ホルモンはタレで食べることが多いけれど、こちらのホルモンは処理が良いので塩で食べることができる。
写真はその塩焼きホルモンの一つ、「塩焼きあぶらつきテッチャン」。てっちゃんにはたっぷりと脂がついているので、焼き肉にすると実によくファイヤーする。
プリッとした食感と脂身の旨みを感じられる一品。
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・新世界(新今宮、動物園前)の「焼肉・ホルモン専門店 原軒(はらけん)」にて。

“ホルモン焼肉・原軒の「塩焼きあぶらつきテッチャン」” への0件の返信

  1. >なめねこ2000さん
    「環境塩ホルモン」という表現に笑ってしまいました。
    確かにバイオエタノールの次はあるかもですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です