ハト屋の「コッペパン」


大正元年(1912年)の創業当時からまったく同じ工程でコッペパンを焼くコッペパン専門店、ハト屋をおとずれる。こちらのお店は本当にコッペパンしか無いという妥協を許さないお店。店の奥に見える釜も年季が入っていて店構えからして雰囲気がある。
食べてみると、柔らかく弾力のある生地は後から甘味を感じることができる。確かに味の方も名店。
(当然ながら写真撮影は禁止・・・のはずがなぜか「撮っていいよ」っと気軽に言ってもらえる)
まろまろと今日ももぐもぐ。

街歩き撮影に同行した途中で立ち寄った、京島(曳舟)、キラキラ橘商店街の「ハト屋(はとや、ハトヤ)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です