ネパール料理;カンティプールの「ムラ・ラ・カランコ・タルカリ」(大根とスペアリブのカレー)


ネパール料理専門店の老舗として知られている「カンティプール」をおとずれる。天神橋筋六丁目にあるこのお店は実は1999年から気になっていたお店だけど、何かと機会を逃して今回が初訪問。当時から気になっていたMula Ra KarangKo Tarkariを注文。ちなみに我ながらよく覚えていたなと関心(w

このMula Ra KarangKo Tarkari(ムラ・ラ・カランコ・タルカリ)は、大根とスペアリブを煮込んだカレーのこと。骨付きの大きなスペアリブがごろりと入っているこのお店の名物。食べてみると本場風の塩分と風味の力強さを感じた。やはりスペアリブが美味しくて、このスペアリブのためにある味付けと納得。
また、食べるのに夢中で写真は残していないけれど、タンドリーチキンやタンドリーフィッシュもとても美味しい。繁華街から離れた場所にあるのに、いつも混んでいるのもうなずけるお店。
(渋谷店として東京進出もしている)
まろまろと今日ももぐもぐ。

大阪・天満の近く、天神橋筋五丁目(天五)の「ネパール家庭料理とタンドールの店 KANTIPUR(カンティプール)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です