伏見の「鯖寿司」

古都・京都のお鮨といえば、何と言っても鯖寿司。若狭湾の小浜から京都まで続く鯖街道の名前が残るように、京都のを代表する味として高級な老舗の名店も多い。そんな中で、三条京阪の裏手にある居酒屋「伏見」の鯖寿司は手作りの家庭的な鯖寿司を出してくれることで知られている。この鯖寿司は店内で棒寿司として出されたものだけど、食べきれなかったのでお持ち帰りしたもの。
(最初からお持ち帰りとして販売もしている)

食べてみるとシメに使う昆布をそのまま食べるスタイルになっているので、昆布のネバネバ感が強く感じられる。
昆布も一緒に食べるのでサバの臭みはまったくない。酢飯もたっぷりと入っているまさに京都の家庭の味。

ちなみにこの鯖寿司を購入した「伏見」は京都でも屈指の老舗の大衆居酒屋。
甲高い声の人お断り・一時間以内に退出・店内撮影禁止という実にストイックなお店で、さらにツンデレなおばちゃんがおつまみを盛んにすすめてくる。どんなにすすめられてもいらないものはにっこりとかつ毅然にお断りしながら飲むという個性的なお店。
ただし、おつまみはどれもボリュームがあって美味しい。特に山盛りの野菜天ぷらがオススメ。
まろまろと今日ももぐもぐ。

京都・三条京阪近くの「味の店 伏見(ふしみ)」にて購入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です