麒麟・田村裕 『ホームレス中学生』 ワニブックス 2007

気がつけばこの本で今年70冊目の読書日記になる、
まろまろ@これまでの記録は吉本興業にインターンシップに行った年の年間68冊でした。

さて、『ホームレス中学生』麒麟・田村裕著(ワニブックス)2007。

中学生のたむちんは、ある日突然、父親からの一家解散宣言を受ける。
住む家を失ったたむちんは近所の公園にある滑り台、通称”ウンコ”での生活をはじまる・・・

お笑いコンビ麒麟の田村裕によるノンフィクション。
ベストセラーは避けることが多いけれど、親が買ってきていたので思わず手に取った一冊。

読んでみると、まず野良犬や近所の子供たちの戦いの日々がおもしろい。
そしてところどころに入る母親との思い出、そして最後の母親への手紙にはほろりとさせられる。

「愚者はどんな幸せからも不幸を見出し、賢者はどんな不幸からも幸せを見出す」。
その言葉を思い出させられる本。

この本をamazonで見ちゃう

2007 12/12
ノンフィクション
まろまろヒット率3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です