幸楽屋の「月うさぎ」

京都の鞍馬にある京和菓子の名店として知られる幸楽屋の「月うさぎ」が、たまたま一保堂のお茶菓子として添えられていたのでいただく。食べるのが惜しくなるくらいのまるまるとメタボなうさぎで、まるで置物のよう。中はしっとりとしたこしあんが入っていてまさに秋の京菓子という感じの一品。
京都・寺町二条上ルの「一保堂茶舗 嘉木(いっぽどうちゃほ かぼく)」にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です